日本貿易保険(NEXI)10月制度改正および輸出契約等報告書様式変更について

NEXI10月制度改正および輸出契約等報告書様式の変更についてご連絡いたします。

2018年9月10日付けで株式会社日本貿易保険(NEXI)より、別紙のとおり2018年10月制度改正について通知がございました。
一般案件(証券型案件)のエビレス化に伴い、従来NEXI用及びJORSA用に2通ご提出いただいていた輸出契約書等の写し(エビデンス)は、10月1日以降JORSA用の1通だけで十分となります。

なお、JORSAでは引き続き賦課金請求照合および保険申し込みの確認にエビデンスを用いますので、ご確認のほどよろしくお願い致します。

  • また船積日、ユーザンス、決済期日の変更等内容変更が行われた場合、JORSAには内容確認のできるエビデンスのご提出をこれまで通りお願いいたします。

例)
アメンドがない船積遅延等の内容変更について
バイヤーと輸出者の間で応諾している内容が分かるファックスまたは電子メール等の写し。
上記がない場合は、船積遅延等の内容および理由を記載した経緯書(要押印)をエビデンスとしてご提出ください。

(補記)

輸出契約等報告書の様式変更について
なお、第601回理事会(平成30年3月29日開催)において、本年10月のNEXIの保険申し込み手続きの変更を持って、輸出契約等報告書の様式変更を行う旨報告致しましたが、今般の申し込み手続きの変更が軽微であることやバイヤーコード、HSコード当の記載漏れがないようご協力いただいていることから、当面の間現行様式のままとし、報告書の様式変更については改めて企画運営委員会等にご相談することと致します。



組合員入口

組合員の方はこちらから専用ページにアクセスできます。

ユーザーID
パスワード
  • 鉄道写真館
  • 関係機関一覧