富士電機株式会社Fuji Electric Co., Ltd.

会社概要

 
企業名 富士電機株式会社
代表者 代表取締役社長 北澤 通宏
URL https://www.fujielectric.co.jp/products/electric_railways/
設立1923年8月29日
従業員数27,416 人(連結)
本社所在地〒210 -9530 神奈川県川崎市川崎区田辺新田1番1号
本社事務所〒141- 0 032 東京都品川区大崎一丁目11番2 号(ゲートシティ大崎イーストタワー)
主要工場/国内外拠点鈴鹿工場、千葉工場、東京工場、
富士電機アメリカ社 バージニア工場、富士SEMEC社
資本金476億円(2018年度)
総資産9,527億円(2018年度)
売上高9,149億円(2018年度: 連結)
営業利益600億円(2018年度)

事業内容・実績

富士電機は、1923年の創業以来、エネルギー技術を革新し、産業・社会インフラの分野で、広く世の中に貢献して参りました。これまで培った技術や経験をもとに、エネルギー・環境技術の革新を追求し、お客様のシステム価値を高め、環境に優しい製品・システムを創り出してまいります。

富士電機は半世紀以上の間、鉄道用設備および機器を幅広く取り扱ってまいりました。これからも、環境に優しい鉄道システムの日々の安定・安全・快適な運行に大きく貢献してまいります。

  • パワー半導体
  • 鉄道車両用主回路システム
  • 補助電源装置(APS)
  • ドア駆動装置
  • 鉄道用地上電気設備(変圧器・整流器・開閉器回生電力吸収装置 等)

製品紹介

鉄道車両駆動用装置

自社製のSiCパワー半導体モジュールと走行風冷却方式を採用して小型軽量化を図った製品を開発しました。

新幹線では、主変換装置(駆動用コンバータ・インバータ)とともに主電動機と主変圧器を製作し、営業運転に向けて性能評価および長期耐久走行試験を実施しています。

鉄道車両補助電源装置・ドア駆動装置

国内外の鉄道事業者殿向けに補助電源装置・ドア駆動装置を納入しています。北米向けの案件では、現地法人であるFuji Electric America やその関連会社による現地生産を実現し、北米現地での生産・保守サービスを実現しています。

国内、アジア向けに納入している最新のFCPM(ドア用薄型モータ)式の戸閉装置は、ラックアンドピニオン機構による直接駆動方式により優れた戸挟み検知能力・高速応答性・高信頼性を実現しています。

JR 東海殿 N700S 確認試験車
東急電鉄殿 2020 系新型車両

連絡先

富士電機株式会社

営業本部 輸送ソリューション統括部 営業第一部
〒141-0032
東京都品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎イーストタワー
TEL: 03-5435-7045
FAX: 03-5435-7422